ランキング参加中


にほんブログ村 にほんブログ村へ

最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


みなさま、こんにちは〜♬*゜


チームさゆりのカヨコです。



見てきました!


100km先の新たな自分までの道のりを〜。



待ちに待ってた『第4回びわ湖チャリティー100km歩行大会』が10/21〜22に開催されました。


当日は巨大台風の接近に伴う悪天候。
これはこれは〜、ビッグチャーンス!!
諦めたくなるポイントがめっちゃ増えてるよ〜。
これは巨大な壁が目の前にドーーーッンと立ちはだかっちゃった感じですよー。


試されてるぅーーーーー!


ぐふっ(((*≧艸≦)ププッ
頑張っちゃう୧⍢⃝୨


今回は、単にゴールを目指すのではなく、「大雨でも100kmでもそんなの関係なく全力で楽しんでやろー!アホなことしてワチャワチャ遊んじゃお〜♡」
と、チームの仲間達で決めていました。


スタート地点でお誕生日のお祝いをし、「なんで今やねーん⁈」と大笑いしました。
お昼には焼肉を食べようって、ガスコンロやフライパン、お肉などを詰め込んだデッカイデッカイ荷物を持って歩いてくれた仲間が2人。
彼らのおかげでホンマに美味しい焼肉を寒い中で食べることができました!
温かいコーンスープまで飲んじゃって、ホンマに冷え切った体が大喜びしました。









他にも応援に来てくれたお友達のおかげでステキなティータイムをしたり、書き始めたら止まらない…。


とーにーかーくー、100km黙々と果敢にチャレンジ…はしていませんでした。
楽しみまくったのです。


体が段々重くなってき始めたかな〜という30km辺りで、ふっと頭によぎったことがあります。


ホンマにシンプルなコト…。



【 私さえ止めなければ、必ずゴールにたどり着ける 】



たったそれだけ。



ゴールに行けなかったとしたら、それは単に途中で止めてるだけってコト。



なーんか、このあたりまえのシンプルなことがプワ〜って頭に浮かんだ時、変だけどとってもキモチがより一層軽くなりました。



なーんだ、それだけやんっ!って。



誰の指示でもなく自分で行動していいねんから、止めんとこーって思えました。



このチャレンジは、歩いている人だけが凄いのではないのです。
サポーターと呼ばれる方々が、歩いている私達を最高の笑顔で向かい入れてくれ、ゆっくり休憩させてくれ、そして、「頑張って!行ってらっしゃい!!」という本当に本当に嬉しい言葉とともに疲れた背中を大きな拍手で押してくださるんです。
途中で1人で道案内してくれるサポーターさんもあちらこちらに居ました。
みんなずぶ濡れです。
レインコートの役割など果たせなくなっているほどの雨でしたから。



彼らが居てくれたから、私は好きなようにゴールを目指すことができたのです。



こちらを見てください!










真っ暗な道を歩いている時に、このエイドステイションという休憩所が見えた時の嬉しいキモチを想像してください。
本当に嬉しくって嬉しくって涙が出そうになるんですよ。
この暗闇の中で、大きな拍手で向かい入れてくれ、温かい物が用意され、ストーブの周りに椅子が用意されているんです。



この便利な世の中で、究極の状況にはなかなかならないけれど、今年のこのチャレンジの中には『極限』というものにゴロンゴロン出くわしました。
改めて、自分がいかに幸せであるかを教えてくれたと思いました。




チームの中でも2つに分かれて歩いていたのだけど、前を歩いていた私達がほんの15分だけ横たわろうと休憩していた夜中の3時過ぎ、後半チームがリタイアしたと連絡が入りました。
体は横にしていたけれど寒くて一睡もできなかったその時に、まさかの連絡でした。
一気に飛び上がり、休んでる場合じゃないと他のメンバーを起こしました。


どんな想いで63kmでリタイアしたんだろうと思うと、彼女達の悔しい気持ちを何が何でもゴールに連れて行かないと!と思ったのです。


次のチェックポイントに入らないといけない時間が迫っていて、それも危ない状況だったのですが、とにかく1人だけでも全員の気持ちを抱えてゴールしないと!と思いました。
じゃないと、今まで味わったことのない悔しさを味わいながら「ごめん」と連絡してきたチームメイトの気持ちにも、私達を応援してくれてるたくさんのお友達の気持ちにも応えられないから。



最も心身ともにダメージが大きい65km〜83kmを私は1人で歩きました。
メンバーと一緒に歩くつもりだったルートをただひたすら1人で黙々と。


途中で水ぶくれが破裂して、痛くて痛くてたまらなかったけど、それでも私の中で見えていたのは仲間とのゴールだけだったので。


知らない人を次々と追い越しながら歩いているのを楽しみながら、とにかく83kmのチェックポイントまでは時間を稼ぐために最速で歩こうと決めました。


そのチェックポイントに着いた時、向かい入れてくれた人が、私の名前を見て「あー、存じています。Facebook読ませていただいています!足裏破裂と書いていましたが大丈夫ですか?」と声をかけてくださいました。
繋がっていないその方がなぜ読んでくれているのかわかりませんが、どんな温かい飲み物よりも私を温めてくれました。


そして、そこにも居ても立っても居られなくて探しに来てくれたお友達が居ました。顔を見ただけで涙がブワーーッと溢れ出そうになりました。
足の指にも大きな異変が感じられたので、その処置をしていると、1人のチームメイトがヒョッコリ現れました。
リタイアしていない最後の仲間です。
彼だけば絶対にリタイアしていないと私の中で信じていた人物です。
彼ももうとっくに限界を超えた顔をしていました。


ここからは2人でゴールを目指しました。









私は彼の奥さんである心友から彼をゴールに連れて行くバトンを受け取ったと感じていました。
私にはまだ余裕がある。
絶対に私が彼をゴールに引っ張っていかないといけないと思い、大嵐のような天候になってもただひたすらゴールまで一歩一歩進んでいきました。




リタイアした仲間達が、途中応援に来てくれたり、先にゴールに集合して待っていてくれ、ソワソワしながら動かない体にヤキモキしながら、メッセージを送ってくれ、待っていてくれました。



ゴールにたどり着いた時、極限を味わったココロとカラダが一気に開放され、あーーんな気持ち、今まで味わったことがないという喜びに包まれました。




感謝と感動、そして信頼。


これしかなかった100kmでした。




諦めなかったら、目指したゴールには必ずたどり着けるというシンプルなことも改めて学ぶことができました。




今回のブログはとても長くなってしまいましたが、私はみなさんにどうしても伝えたいと思い書きました。


でも、本当はもっともっと語れますよ〜 笑笑。




翌朝、琵琶湖の周りにはこんなに素晴らしい虹が架かりました。








きっと私が見た100km、私が感じた100kmは間違いなかったんだ〜と思えた瞬間です♡
スポンサーサイト
みなさん、こんにちは〜♬*゜


チームさゆりのカヨコです。



久しぶりに四国の実家に帰りました。



前回、事故に巻き込まれてしまって以来初めてだから、ちょーっとドキドキ。
記憶ってスゴイねぇ。
やっぱりその近くを通過する時は、いつもとは違うドキドキがあったよ〜(◞‸◟)



人の記憶って、頭じゃなくて体で覚えているもんやねー。



嬉しい・楽しい・感動・好き・嫌い・恐怖・悔しい・悲しい・驚き・ムカつき などなど、記憶にはいろんなカタチがあります。



事故のことは、恐怖と驚きの塊だったけど、今回、実家のお庭で懐かし〜い記憶が蘇ってきました。



楽しくってたまらない記憶♪



お庭の中で1番ダイスキな場所がここでした。









お友達と遊ぶのも好きだったけど、1人遊びもダイスキだった小さい頃。



私はここを自分のお家に見立てて、お客様が来たのを想定したりして遊んでいました。


ごっこ遊びが本当に得意で、1人で妄想しながら、独り言言いながら、それはそれは楽しく遊んでいました 笑笑。



あっ⁈


あああああーーーーーーー⁈



だからなのかもーーーー(*゚∀゚*)



私、いろんなタイプ、いろんな年代の人と会話することがダイスキなんです!



この幼少期のいろんなパターンでの妄想おひとり様ごっこ遊びがあったから、今の私になってるのかも〜(⁎˃ᴗ˂⁎)



そういや、受験勉強してる時にもなかなか頭に入ってこない時には、自分が先生になったパターンで妄想し、独り言ブツブツ言いながら人に教えるように喋ってお勉強していましたっ 笑笑。



うわー、お庭の一角を見ただけで、小さな頃の楽しかった思い出がブワ〜っと蘇ってきて、それがあったから今の私が居るんやわぁ…ということにまで繋がっちゃったよ。





思い出深い所を見たり、記憶に残っている香りが漂ってきただけで、その時のことが一瞬で思い出されたり…と、五感で記憶されたものって本当にスゴイですねー。



…ということは、逆もアリってことですよね。



誰かの記憶に自分が残っている…ということ。



さっきも書いたけど、記憶にはいろんなカタチがありますもんね。
どのカタチで自分が誰かの記憶に残っているんだろう?


どんなカタチでもいいや。
記憶に残っててほしいなぁ〜。
一度でも私と関わった方の心の片隅に、何か残せる人でありたいなぁ。
じゃないと、出逢った意味がないもんね。
ただ目に映っただけの人…には、なりたくないよ。
そこにそういや居たような…という存在ではなく、きちんとそこに存在してた!とハッキリ記憶に残せるような生き方をしたい。



もちろん、プライベートだけではなく、お仕事でも。



誰かのために精一杯頑張って、そして、その方がとても喜び、その最高の笑顔をいただくことで私のエネルギーチャージができ、そしてまた誰かのために精一杯頑張る୧⍢⃝୨



私の心の中にも、誰かの心の中にも、喜びという記憶をいっぱい増やしていく…そんな生き方を私はこれからもしていきまーす♡



あなたの記憶の中に、私、どんどん入って行っちゃうよ〜!



だから、あなたも私の記憶の中にどんどん入ってきてくださいね〜♡



待ってるから〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡

みなさん、こんにちは〜♬*゜


チームさゆりのカヨコです。



人って、自分が心底ダイスキになったものに関しては、お口を閉じていることは難しいですよね〜。


そりゃ、全員が全員そうじゃないでしょうけど、ほとんどの人はついついそのことについてペラペラ喋ってしまうんじゃないかなぁ。


もちろん、単純カヨコもそっちです。


ペラペラ〜ペラペラ〜と喋ってしまいます。
音楽を奏でるように、ハンケアというトリートメントをしながら、ペラペラ〜ペラペラ〜♪


よく、お客様に感動されるんですよ。


「それだけずーっと喋って笑って…してるのに、手が全く止まらないですよねー!」って。


もう、このマシンガントークはもはや音楽です 笑笑。


心地良く好きなことを喋って、好きなトリートメントをして…という幸せな時間なんです。


だから、私のダイスキなモノや人、夢中になってるコトは、私の所にいらっしゃるお客様はみーんな知ってるという感じです。


そして、みーんな私のマシンガントークに巻き込まれ、興味を持ち始め、私のダイスキな人同士が繋がっていき始めるんです。


サイコーーーー(≧∀≦)


誰にも頼まれていないのに、私がダイスキになったコトをどんどん喋って喋って喋って〜、そして、それが拡がっていく〜。


オモシローーーイ♡


ついつい、オススメしたくなるんですよ〜。
自分だけの独り占めなんて、もったいない。
これ、人間の心理かしら。





8月の終わりに、まさに私のようなマシンガントークする人達にお会いしました。


いやいや、私以上…やったかな〜。





私のダイスキなWELLNEST HOMEの謝恩会に参加させていただいた時のことです。




WELLNEST HOMEでお家を建て、そこで生活をスタートしているOB様3組と、現在建築中のOB様1組の合計4組のOB様達です。



まぁ〜、見事なパワーポイント!!!


素晴らしいプレゼン!!!


ほら、こんなステキな手書きバージョンも。









みなさま共通していることが、


『WELLNEST HOMEが大好き♡』


…ということです。




頼まれてもいないのに自らWELLNEST HOMEを普及させたいと、ブログを毎日毎日更新していたり、構造見学会や完成見学会の時には営業マンの如く接客をしてくださったりしている方々です。


このお家が好きで好きで好きでたまらない〜ということが、まっすぐに伝わってきました。


好きじゃないと、あんなに熱く語れないし、毎日毎日アクセス数を気にしながらブログを更新したりしません!



私、自分がそうだから本当によくわかる。



口コミって、1番説得してくれますよね。
1番納得できること、腑に落ちることは、そこに携わる社員サンよりも、実際にそこのお客様だった人達の声ですよね〜。



本気で凄いんですよ。
失礼な言い方になりますが、もはやいい意味でオタクの域ではないかと思うくらい、WELLNEST HOMEのお家がダイスキなんでしょうねー♡


ダイスキさ加減で負けたくない!という、変に負けず嫌いの血を刺激されました(((*≧艸≦)ププッ


ここまで読んだら、そんなブログ気になるでしょ?


あとで読んでみてください!
たぶん、度肝抜かれますよ〜 笑。



https://ameblo.jp/kimiti1122


http://blog.livedoor.jp/ouchicchi_since2012/




そしてそしてっ!!!
今度の週末には、大阪で実際のお家を見学できるらしいですよー。


今週の私のハンケアは、きっとこの話題が飛び出しまくるなぁ〜(≧∀≦)






 | ホーム |